CBDを試す前に知っておくべきこと



みなさん、こんにちはGEISHA BRANDの髙橋です。今回の記事ではCBDを試す前に知っておくべきことについてまとめました。




この記事登場しているCBDpureというサイトこちらです。


CBDは「ハイ」になるのか


大麻の「ハイ」について考えるとき、あなたはおそらくTHCの影響を考えているでしょう。


THCは、多幸感に関連する精神活性物質であり、不安や記憶障害などの望ましくない影響もあります。


一方、CBDは、痛みの軽減やリラクゼーションなど、植物のいくつかのプラスの効果に関連しながら、消費者に頭をすっきりさせます。


CBD でハイになることはありませんが、CBD が適切に分離されていないと、微量の THC が最終製品に残る可能性があります。


そのため、販売している製品を定期的かつ徹底的にテストしている CBD サプライヤーを探すことが重要です。


人々がCBDを求める理由


CBDが非常に人気がある理由の1つは、その有用性です。


CBDPureのスタッフは、不安を和らげるために炎症と戦うことから、あらゆる目的でCBD製品を探している多くの異なるタイプの人々を見てきました。


CBDpureの公式サイトはこちら


人々は、小児期の行動問題、月経の緩和、ADHD、痛みの管理、さらにはペットを落ち着かせるために CBD を使用しています。


多くの患者は、CBD が自分に役立つことを逸話的に理解していますが、新たな研究では、CBD がてんかん、不安、PTSD、不眠症、慢性疼痛、炎症などの症状の緩和に関連している可能性があることが示されています。



CBDの適切な用量


今のところ、自分に合った用量を見つけるのは、すべての患者次第です。


特定の身体的状態に対処しようとしている人のために、CBDPure チームは通常、1 日あたり 10 ~ 15 ミリグラムの範囲で開始し、消費者が求めている効果が得られるまで徐々にその用量を増やすことを推奨しています。


始めたばかりのお客様にとって、CBDPure の 600 mg CBD オイルまたは 750 mg ソフトジェルは、適切な用量を見つけるための優れた方法です。


CBDを摂取するベストな方法


CBDを入手する方法はたくさんあります。


CBDPure の最も人気のある製品には、CBD オイルとオイル入りソフトジェルがあります。


どちらもオイルの作り方は同じなので、消費者のライフスタイルに合わせた飲み方を試してみてはいかがでしょうか。


味に敏感な人にとっては、CBDオイルの素朴でややナッツのような自然な風味を隠すソフトジェルが、始めるのに適した場所かもしれません。



CBD製品が良いかどうかはどうすればわかりますか?


CBDPureがこの面で探すことを提案するいくつかのことがあります。


まず、消費者は成分を熟読し、使用している製品に十分な濃度の CBD が含まれていることを確認する必要があります。


CBDPureチームはまた、製品中のカンナビジオールがどのように抽出されたかに注目することを推奨しています。


CBDPure は、高圧二酸化炭素を使用してヘンプ植物から CBD を抽出する CO2 抽出プロセスを採用しています。


この方法は刺激の強い化学溶剤を使用せず、環境に優しく、無毒です。


さらに安全にプレイするために、消費者はCBD製品に付随するサードパーティのラボからのテスト結果を探す必要があります。


一例として、CBDPure のチームは各製品をテストして、カンナビノイド濃度だけでなく、農薬、微生物、重金属、残留溶媒がないことを確認し、それらの結果を顧客と共有しています。


CBDは合法なのか?


これは、米国では依然として難しい問題です。


2018 年 12 月、農業法案とも呼ばれる 2018 年の農業改善法が施行されました。


初めて、国のヘンプ生産を灰色の領域に置く条項が含まれていました。


具体的には、THC 含有量が 0.3% 以下のヘンプまたはカンナビス サティバを、米国農務省の権限の下で合法化しました。


ただし、FDAなど、CBDの規制に関与している他の機関は、まだ介入していません.Farm Billは、規制物質法の下で麻植物のステータスを変更しましたが、CBDのステータスはまだ確定していません. 簡単に言えば、ヘンプ植物にはCBDが含まれており、適切な規制の下では、ヘンプ製品の栽培と流通は完全に合法です。


まとめ


今回はCBDpureという会社の研究をもとに解説しました。CBDを使用する前に知っておくべきことは沢山あるので、少しずつ理解していきましょう!

閲覧数:128回0件のコメント