【必見!】大麻に中毒性は本当にあるのか?



こんにちはGEISHA BRANDの髙橋です!

今回の記事では「本当に大麻には中毒性があるのか?」について徹底解説していきたいと思います!


それでは記事へどうぞ!!




人間は快楽に駆り立てられ、報酬を求める存在です。


私たちは組み込みの報酬システムを持っており、気分が良くなり、楽しさを呼び起こす経験や物質を探すのが大好きです。


しかし、私たちが物質に頼ってこの気分が良くなるようにすると、私たちの内部報酬システムが調節不全になり、機能不全になり、依存症につながる可能性があります。


慢性的な大麻の消費は、身体的および精神的な幸福、人間関係、および日常生活に悪影響を与える可能性のある問題のある使用に変わる可能性があります。


また、大麻消費者の大多数は植物に依存することはありませんが、大麻の誤用が脳にどのように影響するか、どのカンナビノイドが中毒を引き起こす可能性があるか、および大麻使用障害の一因となる可能性がある行動を理解することは役に立ちます。


さらに、一部の研究では、大麻が中毒に寄与する可能性があることが示唆されていますが、植物は中毒治療の一形態でもある可能性があります。



中毒とは?


人はさまざまなものに依存する可能性がありますが、化学物質や物質への依存が最も一般的です。化学中毒には、薬物、アルコール、大麻、さらにはカフェインが含まれます。


依存、誤用、乱用など、化学中毒について語るにはさまざまな言い方がありますが、それらはすべて物質使用障害の広い範囲に分類されます。


化学中毒とは、個人が物質を使用することで日常生活に支障をきたし、人間関係に悪影響を及ぼし、仕事に支障をきたすことです。


依存があまりに強いので、やめたくてもやめられない。

科学者は一般的に、依存症は次の 3 つの段階で定義される反復サイクルであることに同意します。


  • 第 1 段階: 大量のドーパミン放出を刺激し、使用者を幻想的な気分にさせる物質へのどんちゃん騒ぎと中毒。

  • 第二段階:離脱と悪影響。物質が存在しないと、パニックに陥り、否定的な反応を引き起こします。

  • 第 3 段階: より多くの物質を消費することに専念することを特徴とし、最終的には第 1 段階に戻ります。

大麻の中毒も、これらの 3 つの段階に適合します。大麻中毒の正式な診断は、大麻使用障害と呼ばれます。





大麻使用障害とは何ですか?


大麻使用障害(CUD)は、身体的または心理的な害を引き起こしている場合でも、大麻の消費を止めることができないこととして定義できます。


この定義は、中毒を捉えるだけでなく、大麻に依存し、それによって悪影響を受ける可能性のある個人も含みます。


世界中の 1 億 9,300 万人の大麻使用者の約10%が大麻使用障害の影響を受けています。


大麻使用障害の症状は次のとおりです。


  • 頻繁な呼吸器感染症などの身体的問題にもかかわらず、大麻の継続使用。

  • 不安やパラノイアなどの精神的な問題があるにもかかわらず継続して使用する。

  • 社会的または人間関係の問題にもかかわらず、大麻の使用を継続する。これらの問題は、感情を処理する能力の障害や、社会活動から撤退する傾向など、さまざまな要因から発生する可能性があります。

  • 大麻の使用を支持して他の活動を断念または削減する。

  • 大麻使用による職場、学校、家庭での問題。

  • 大麻に対する強い渇望。

  • 大麻の使用を制御または削減することの難しさ。

  • 危険性の高い状況での大麻の摂取。(運転中、または害を及ぼす可能性のある道具や機械の使用中など)

  • 意図したよりも多くの大麻を消費する; または、自分で設定した消費制限を守ることができない。

  • 大麻に対する耐性を高める。

  • 大麻の使用をやめると、うつ病や過敏症などの禁断症状。






大麻中毒は脳細胞を悪化させる!?


大麻中毒は、すべての物質中毒と同様に、脳が動きを処理する方法、ストレスに反応する方法、実行システム機能を管理する方法、および自己調整する方法を変化させます。


大麻中毒は、注意を払い、集中し、計画や決定を下し、重要なことを記憶する能力を妨げることにより、実行機能に影響を与えます。


依存は、私たちを自己調整する方法にも影響を与えます。


自己調整とは、私たちの選択、衝動、感情、思考、行動をコントロールする能力を指します。


私たちが大麻中毒になると、植物を消費したいという欲求が、時には有害な方法で私たちの選択や行動を左右する可能性があります。


大麻中毒はまた、ストレスの多い状況への反応を機能不全に陥らせる可能性があります。


たとえば、高速道路でヒヤリハットをしたり、口論を目撃したりして、ストレス レベルが急上昇するのは普通のことです。


ストレスはコルチゾールやアドレナリンなどのホルモンの放出を引き起こし、戦うか逃げるかの準備を整えます。


しかし、研究によると、大麻を長期間大量に使用する人は、ストレスに対する反応が鈍くなることが多く、ストレスの多い状況ではコルチゾールがあまり生成されないため、ストレスの深刻な影響をあまり感じません。


コルチゾールは脅威や危険に反応するのに役立つエネルギーの放出を促進するため、これは良いことかもしれません。


言い換えれば、コルチゾールは、私たちが急いで逃げる必要があるときに、私たちが素早く動くのを助けます。





大麻とドーパミン作動系


大麻中毒が脳機能を変化させる最も研究されている方法の 1 つは、ドーパミンの放出を担う脳のドーパミン作動系への影響によるものです。


ドーパミンは、脳内で生成される分子であり、報酬の経験に大きな影響を与えます。


雑草を一口飲むとドーパミンが分泌され、高揚感が得られます。


しかし、大麻を繰り返し使用すると、ドーパミンの放出が不自然に高いレベルにまで上昇し、中毒性の影響が強まる可能性があります。


「大麻は、正しく使用すると、気分が良くなります」と、ハーバード大学医学部の教員であり、カンナビノイド専門家協会の会長であり、 inhaleMDの CEO/CMO である Dr. Jordan Tishler MD は説明しました。


「これは、ドーパミン作動系の間接的な刺激に関連していると考えられています。このシステムは依存症に関与しています。」


ただし、依存症になる前に大麻の使用が慢性的でなければならないことを指摘することは不可欠です。


一口吸っても雑草中毒にはならない。


依存症は、脳の報酬システムが繰り返し刺激され、その機能が変化したときに発生します。



大麻とエンドカンナビノイドシステム


THCやCBDなどのカンナビノイドの効果を処理する主要な身体系である私たちの内在性カンナビノイドシステムには、体内で生成される天然の内在性カンナビノイドと、内在性カンナビノイドと大麻中のカンナビノイドからのメッセージを受け取る受容体の両方が含まれています。


ティシュラーによれば、大麻の乱用は内在性カンナビノイド受容体のダウンレギュレーションにつながり、脳内を循環する受容体が少なくなり、体の正常な内在性カンナビノイド経路からメッセージを受け取る能力が低下する。


「このようにして、個人のエンドカンナビノイドシステムは、大麻が供給するカンナビノイドの供給に依存するようになります」と Tishler 氏は述べています。


THC は、体の CB1 大麻受容体をダウンレギュレートする主な原因であるようです。


利用可能な受容体が少なくなると、脳はますます寛容になり、THCの報酬に対して鈍感になります. したがって、高値を達成するには、ますます大量の THC が必要になります。

ただし、幸いなことに、この変更は永続的ではありません。


毎日の大麻喫煙者の研究では、CB1受容体の密度が、4週間の禁酒後に脳のほぼすべての部分で正常なレベルに戻ったことがわかりました。






大麻中毒になりやすい人はどんな人か?


変化した脳の化学的性質が大麻中毒において重要な役割を果たしていることは否定できませんが、中毒はさまざまな連動要因によって引き起こされる多面的な障害であることを認識することも重要です。


遺伝子、ライフスタイル、家庭と職場の環境、社会経済的地位のすべてが中毒に関与する可能性があります。


消費パターンを超えて、特定の個人が他の人よりも大麻使用障害を発症する可能性が高いことを示唆する証拠が現れています。


たとえば、16 歳未満で大麻を使用すると、CUD の発症リスクが高まることがわかっています。さらに、CUDの人は、アルコール依存症などの別の物質使用障害と診断されている可能性が高くなります。


CUD と診断された米国人のサンプルでは、​​男性の 83.5%、女性の 82.9% が別の物質使用障害を持っていました。


うつ病などの気分障害のある人は、大麻のヘビーユーザーになる可能性も 4 倍高く、大麻使用障害のリスクが高まります。しかし、大麻の大量使用もうつ病の一因となるかどうかについては、いくつかの論争があります。





大麻は他の物質よりも中毒性があるのか?


比較は嫌だということわざがありますが、文脈を提供するのに役立つ場合があります。


大麻を他の一般的に乱用される乱用物質と比較すると、依存につながる可能性が最も低いことが示唆されます。


20 年以上の研究を比較 検討した2015 年のレビューでは、大麻を使用する個人は、ニコチン、ヘロイン、コカイン、アルコール、覚せい剤など、他のほぼすべての物質の使用者よりも依存症になる可能性が低いことがわかりました。


研究者は、大麻への依存を発症する生涯リスクが約9%であることを発見しました。


ニコチンは 32%、ヘロインは 23%、コカインは 17%、アルコールは 15%、その他の覚せい剤は 11% でした。依存の可能性が比較的低いのは、大麻が他の依存性物質よりもドーパミンの放出が少ないためかもしれません。





大麻は中毒を治療することができる?


THCは依存症の一因となる可能性がありますが、植物に含まれる別のカンナビノイド、CBD、またはカンナビジオールは、依存症の治療に役立つ可能性があります。


研究はまだ初期段階ですが、データは、カンナビジオールが中毒自体を誘発することなく、さまざまな中毒への介入として役立つ可能性があることを示唆しています。


人間の参加者を対象とした最近の無作為化臨床試験では、CBDが特に大麻使用障害の治療に有望であることがわかりました。


400mgおよび800mgのCBD用量は、大麻使用障害のある個人の大麻使用を減らす上で、プラセボよりも安全で効果的な治療法を表しています. 参加者のうち、96%が重度の大麻使用障害と診断されていました。


さらなる臨床試験はこれらの結果を明確にして統合するのに役立ちますが、同じ植物が問題に貢献し、解決策を提供できるという詩的な皮肉があります。


最後に


どうだったでしょうか?大麻にはさまざまな作用があることが理解できたと思います!

日本でも大麻が解禁される日がもしかしたら近いかもしれません。きちんと仕組みを理解して使用できるようになるまで備えましょう!!


閲覧数:105回0件のコメント