【必見!】大麻が記憶力に及ぼす効果




みなさん、こんにちはGEISHA BRANDの髙橋です!

今回のG-MAGAZINEでは大麻がどれくらい記憶力に影響を及ぼすかについてまとめました!


それでは本記事へどうぞ!!!


  • 記憶とは?

  • 大麻が記憶力に及ぼす影響

  • 大麻は記憶力に何のメリットがあるのか

  • 大麻とによる偽りの記憶!?



散漫なストーナーのステレオタイプは、大麻に関連する最も一般的な比喩の 1 つです。


物忘れが激しい映画の登場人物は楽しいかもしれませんが、実生活では記憶障害はそれほど魅力的ではないかもしれません。


大麻に対する私たちの理解がより微妙になるにつれて、大麻が記憶に影響を与えるという証拠が増えていますが、それはすべて悪いニュースではありません。


特定の形態の記憶は大麻の使用によって妨げられる可能性がありますが、他の場合では、大麻は記憶関連の障害に役立つ可能性があります。


記憶とは?

記憶は重要な認知機能であり、意思決定、有意義な方法での他者との交流、自意識の維持、学んだことの想起に役立ちます。

記憶の形成は動的なプロセスです。


思考や知覚の創造に関与するニューロンのさまざまなグループが活動を開始したり停止したりするため、脳は常に活動で揺らめいています。


ニューロンの特定のグループが 2 度目に活性化されると、記憶が形成されます。この再活性化により、ニューロン間のシナプスとして知られる接続が強化されます。


記憶を思い出すと、その特定のニューロンのグループが再び活性化されます。


ただし、新しい記憶は非常に壊れやすく、中毒物質や睡眠不足などの干渉によって中断または破損する可能性があります。


しかし、時間が経つにつれて、記憶はより強くなり、回復力が増します。


これは、記憶の統合として知られるプロセスです。


新しい記憶が蓄積されると、再活性化および取得されない記憶は最終的に失われます。


記憶はさまざまな方法で分類できますが、科学者は一般的に、短期記憶と長期記憶の 2 つの主な種類の記憶があることに同意します。


脳のさまざまな部分が、それぞれのタイプの処理と保存を担当しています。


海馬は主に短期記憶と学習を担っており、前頭前皮質は長期記憶において重要な役割を果たしています。


それにもかかわらず、脳のこれら 2 つの領域の間には絶え間ないダンスがあり、記憶が想起されると、それらは連携して機能します。






大麻が記憶力に及ぼす影響


ほとんどの研究は、記憶に対する大麻の影響は主に、豊富なカンナビノイド(CB1)受容体を持ち、記憶と学習において主要な役割を果たしている脳の領域である海馬を通じて誘発されることを示唆しています。


ただし、大麻に含まれる 2 つの主要なカンナビノイドである THC と CBD は、海馬に異なる影響を与える可能性があります。


大麻の主要な精神活性カンナビノイドであるTHCは、CB1受容体に強い親和性を持ち、消費されると海馬の受容体に結合します。


THC が結合すると、情報の集中、保存、想起が困難になり、一時的に短期記憶と学習が損なわれる可能性があります。


一方、CBD には THC とは異なる効果があるようです。


人間の参加者に関する最近の研究は、CBDが海馬への血流を大幅に増加させることができることを示しています. これが意味することはまだはっきりしていませんが、安静時の海馬の血流量が多いほど、記憶力が向上します。


上記の研究の研究者はまた、脳血流の増加が、血流制御に欠陥があるアルツハイマー病などの認知機能低下のある個人の治療に役立つ可能性があると推測しています。




大麻と短期記憶

短期記憶は、私たちがさらされたばかりの情報を取り込み、一時的に保存する役割を果たします。


紹介の直後に誰かの名前を思い出すことは、短期記憶の一例です。


短期記憶には、短期記憶を操作して使用する作業記憶も含まれます。


作業記憶の例は、物語の意味を理解しながら物語の一連の出来事を聞くことです。


ほぼすべての研究者が同意することが 1 つあるとすれば、それは大麻に含まれる THC が短期記憶を損なう可能性があるということです。


作業記憶については、2020 年に人間の参加者を対象とした研究で、15 mg の THC 用量が作業記憶を妨げる可能性があることがわかりました。


この研究の参加者には視覚作業記憶課題が与えられました。


彼らは 6 つの色付きブロックの画像にさらされ、1 秒の休憩の後、各ブロックの位置と色を思い出す必要がありました。大麻を受け取っていない参加者は、大麻を受け取った参加者よりもブロックを平均してより多く識別しました。


また、15 mg の THC を 1 回投与すると作業記憶が損なわれましたが、7.5 mg を投与された参加者には顕著な影響が見られなかったことも注目に値します。


この実験では、「マインドワンダリング」と「タスクのモニタリングの減少」が参加者の作業記憶に影響を与えるかどうかもテストされました。THC は、仕事から離れてさまよい、ゾーニング アウトする可能性を大幅に高めることがわかっています。


短期記憶とワーキング メモリが THC の影響を受ける可能性があることは明らかですが、この研究の著者は、THC が全体的な意識体験に影響を与えることを強調しています。


言い換えれば、THCは集中力や注意力にも影響を与えるため、短期記憶を損なう可能性があります。


短期記憶、集中力、注意力は学習において重要な役割を果たしているため、これが意味することは重要です。


集中力を維持するのが難しい場合、新しい情報の短期間の保存も損なわれる可能性があります。



大麻と長期記憶

長期記憶とは、私たちが数日または数十年にわたって覚えている知識と過去の出来事の膨大な貯蔵庫を指します。


短期記憶は最終的には長期記憶になり、いつでもアクセスできるようになります。


私たちの最も明確な長期記憶は、私たちが熟考したり、最もよく覚えているものです。


ほとんどの研究者は、大麻の使用が短期記憶を妨げる可能性があることに同意していますが、長期記憶に対する大麻の影響についてはあまり研究が行われていません。


2021年のレビューによると、大麻を大量に消費する人は長期的な記憶障害を経験することが示唆されています。


しかし、長期記憶の一種である視覚的エピソード記憶に対する大麻の影響を調査する2021年の別の革新的な研究では、大麻の使用頻度が低い人は長期記憶の障害を示さないことがわかりました。


2 番目の実験の大麻使用者は、最低 2 年間、少なくとも月に 1 回大麻を使用していました。


EEG脳の記録と分析は、大麻使用者が記憶を異なる方法で処理する一方で、記憶の全体的な質が良好であることを示しました。


彼らはまた、長期記憶をうまく形成することができました。


大麻とによる偽りの記憶!?


メモリは信頼できないことで有名です。


記憶のゆがみや操作は無意識のうちに起こります。


場合によっては、発生したことのないイベントの記憶を作成することができます。


これは、偽の記憶と呼ばれます。


いくつかの大麻研究者は最近、大麻がどのように偽記憶に対する感受性を高めるかに注目しています。


2020年の実験では、64 人の参加者が中毒性の用量の THC を摂取し、いくつかの異なる記憶活動を完了するよう求められました。


研究者は、大麻使用者が自発的に誤った記憶を持つ可能性が高いことを発見しました。


たとえば、参加者がリスト内の単語を覚えるように求められたあるアクティビティでは、参加者はそこにない単語を思い出しました。


興味深いことに、参加者がもはや酔っていない1週間後のフォローアップテストでは、単語想起テストで誤った記憶を経験した人もいました。


参加者はまた、誤解を招くような提案に反応して、誤った記憶を経験する可能性が高くなりました。


別の活動では、彼らはコンピューターで生成された仮想現実犯罪を目撃したか、加害者でした。


イベント直後のインタビューでは、意図的に誤解を招くような質問に対して、参加者は肯定的に答える傾向が強かった。


研究者は、参加者がハイになっている間、誤った記憶が発生する可能性が大幅に高いことを発見しました。


しかし、参加者が1週間後に飲酒をやめたときにテストされたとき、偽りの記憶は消えました。

一部の研究者は、THC が視覚情報処理を妨害するため、大麻使用者が誤った記憶を経験する可能性があると推測しています。


これは、ユーザーのオブジェクトの視覚的記憶を損ない、誤認識の可能性を高める可能性があります。


しかし、大麻と偽記憶に関する研究はまだ初期段階にあります。


上記の 2021 年の研究は、サンプル サイズが小さいことが特徴であったため、将来、より大規模でより確固たる研究が行われ、別の結果が得られる可能性があります。



大麻は記憶力に何のメリットがあるのか


幸いなことに、記憶障害に対するカンナビノイドの潜在的な利点を強調するデータも増えています。


より確立された有益な効果の 1 つは、恐怖の記憶を薄めるのに役立つ CBD の能力です。


CBDは、恐怖の記憶に関連する不安を軽減することで、恐怖の記憶を和らげることができます。


これは、ストレスの多い状況によって有害な記憶が引き起こされる可能性がある PTSD を患っている個人にとって特に役立ちます。


研究者はまた、CBDが人間の嫌悪記憶を変更し、これらの記憶が再統合されるのを防ぐのに役立つ可能性があることを発見しました。


これらの利点は、PTSD に関連する症状の改善に大きく貢献する可能性があります。


CBDがエピソード記憶にプラスの影響を与える可能性があるという強力な証拠もあります。


昨年の人間を対象とした研究では、参加者は15個の名詞を学習した後、12.5mgのCBD e-リキッドを1回投与されました。


参加者は 20 分間遅らせられ、学習した名詞を思い出すように求められました。


CBDは、プラセボを受けた人々と比較して、口頭でのエピソード記憶を10%向上させました. この研究では、CBDが注意力や作業記憶に悪影響を及ぼさないように見えることもわかりました。


さらに、予備調査によると、THC はマウスのアルツハイマー病 (記憶喪失の悪化を特徴とする疾患) に対して承認された薬よりもかなり効果的です。


さらに、CBD は海馬の神経新生にも役立つようです。


アルツハイマー病患者に対するTHCの効果を調査するいくつかの臨床試験がすでに進行中です。



最後に

どうだったでしょうか?少し専門用語が多くて難しかったかもしれませんが、大体理解できれば大丈夫です!


これからも大麻やCBDの素晴らしさについて発信していきます!!

閲覧数:201回0件のコメント